アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 レーパ

インドでのセラピスト研修日記です。

 

今回のカリキュラムの主要テーマのひとつ「レーパ」は、ペーストによる湿布です。

 

「泥膏」という和訳も見かけます。(古典書の和訳を読んでいると、初めて聞く日本語に結構会います)

 

これも、類義語がたくさんあり、レーパ/プラデーハ/ウパナーハはすべてペーストによる湿布です。(実際には、もっといろんな言葉が古典書には出てきます)

 

 

今回の講義では、

レーパ・・・ペーストを塗って、しばらく置いて、適度に乾いたら取り除く。

ウパナーハ・・・発汗法であり、ペーストを塗った上から綿布などで巻いて、ある程度長時間固定しておくこと。

というふうに習いました。

 

 

関節の痛みや腫れに用いるレーパ、皮膚の炎症に用いるレーパ、美容に用いるレーパなど、ペーストの作り方や処置方法の実習は、とても実践的でした。

 

ローズのレーパ(フェイシャルパック)などは、女性の皆さんご興味のあるところではないでしょうか?!

 

 

ウパナーハにもさまざまな種類がありますが、

今回は、ハーブペーストの上にヒマの葉を添え、その上から包帯でバンテージして固定するという、一連の処置を体験させてもらいました。

 

私はたまたま膝が痛かったので、授業終わりにウパナーハをしてもらい、就寝前まで6時間ほど湿布していましたが(本当は一晩寝ると良いけどベッドに染み出るのがこわかった)、膝の動きがなめらかになり、立ったりしゃがんだりが楽になりました。

 

慢性的な膝の痛みであれば、ある程度定期的に続けると良い結果が期待できそうです。

 

 

さて、私が施してもらったウパナーハにはハーブ以外の材料も入っているのですが、そのうちのひとつが「牛の尿」です。

 

牛の尿(ゴームートラ)はアーユルヴェーダのお薬として、然るべき精製をされて販売されています。精製されているとはいってもしっかりアンモニアの匂いがするので、これが練られたペーストはそれなりの匂いがします。

 

この牛の尿のおかげで、深部まで薬効が素早く浸透するのだそうです。

 

日本での代用品も(尿以外で)いろいろ教えていただきましたので、ハッピーアーユルヴェーダのお客様は安心してください。(笑)

 

ニームのレーパ。生のニームの葉を薬研で磨り潰したものです。

ウパナーハに使うヒマの葉っぱ。洗って干してある。この後、軽くあぶって用います。

まじめにがんばっております。

横浜・東横線日吉駅5分

ご予約・お問合せ

TEL 045-594-6230

happyayurveda.y@gmail.com

最新情報

2020年

2月

11日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 仲間たち

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

10日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 瀉血

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

08日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 スネハナ&スウェダナ

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

07日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 勉強漬けの毎日

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

06日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 レーパ

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

05日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 ダーラ―

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

04日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2019年

12月

04日

元住吉の新しいアーユルヴェーダサロン

元住吉にアーユルヴェーダサロンがオープンしました!

続きを読む

2019年

11月

30日

2020年2月~アーユルヴェーダ基礎講座の日程

アーユルヴェーダ基礎講座、ただいま募集中です!

続きを読む

2019年

8月

01日

料金改定のお知らせ

2019年10月1日より施術料金を変更させていただきます。

続きを読む

SERENDIP TRAVEL 掲載!

Veggy掲載!

ーユルヴェーダ記事連載!

トリニティウェブ

いいね!よろしくお願いいたします!