パンチャカルマ体験記 滞在7日目

インドでの約1か月にわたるアーユルヴェーダ パンチャカルマ治療の記録です。

 

滞在7日目

 

午前

 

今日の治療メニュー

ナービーバスティ(ヒングワディタイラ)

アビヤンガ(ニルグンディタイラ)

スウェダナ(ニルグンディパットラ)

ニルーハバスティ

 

午後

 

散歩、瞑想など。

 

内服薬

昼と夜 DM

就寝前 エーランダタイラ

 

この日は、製薬部門を見学させていただきました。

 

製薬部門担当のDr.シャシャンクの、丁寧な説明を聞きながら工場見学。

 

Dr.シャシャンクとは、日本で一度お仕事をご一緒したことがあり、久しぶりの嬉しい再会となりました。

 

こちらの病院の敷地内に、製薬工場も、製薬に関わる研究施設や、薬草園もあります。

 

製薬工場はそれほど大きな建物ではないのですが、古典書に基づく伝統製法による、高品質なアーユルヴェーダのお薬が、ここから、インド国内だけでなく、世界各国に輸出されています。

ハッピーアーユルヴェーダのサロンでも、こちらの薬草オイルを使ってトリートメントを行っています。

製薬部門担当のDr.シャシャンク。誠実で知識豊富なドクターです。

敷地が広いので、ところどころに案内板があります。製薬部門(製薬会社)は「Atharva Nature Healthcare P. Ltd.」という名前です。

製薬工場の外観。(想像していたよりこじんまりしてた。)

ここから世界各国に輸出しているそうです。

製薬工場の中庭には、ニームの木にグドゥーチのつたが絡まるように植えられていました。↓

 

ニームもグドゥーチも苦味の植物で、このように育てることで薬理効果が高まるとのこと。

アーユルヴェーダの製薬に使われる植物は、このような伝統に基づいた方法で栽培することで、きちんとした薬理効果が得られるのだそうです。

一部の鉱物薬など、毒の煙が出るような薬品は、別に建てられた↓こちらの小屋で作られるのだそうです。(この小屋の裏に牛糞が山のように積まれていました。もちろん製薬のための材料です。)

横浜・東横線日吉駅5分

ご予約・お問合せ

TEL 045-594-6230

happyayurveda.y@gmail.com

最新情報

2020年

9月

17日

馬車道の新しいアーユルヴェーダサロン

馬車道にアーユルヴェーダサロンがオープンしました!

続きを読む

2020年

8月

09日

2020年10月~アーユルヴェーダ基礎講座の日程

アーユルヴェーダ基礎講座、ただいまお申込受付中です!

続きを読む

2020年

3月

26日

2020年5月~アーユルヴェーダ基礎講座の日程

アーユルヴェーダ基礎講座、ただいま募集中です!

続きを読む

2020年

2月

11日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 仲間たち

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

10日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 瀉血

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

08日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 スネハナ&スウェダナ

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

07日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 勉強漬けの毎日

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

06日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 レーパ

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

05日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記 ダーラ―

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

2020年

2月

04日

アーユルヴェーダクリニックでの研修日記

インドでのセラピスト研修日記です。

続きを読む

SERENDIP TRAVEL 掲載!

Veggy掲載!

ーユルヴェーダ記事連載!

トリニティウェブ

いいね!よろしくお願いいたします!